インプラントとは?

もし、あなたの大切な歯が失ってしまったり、何らかの原因で歯を抜かざるを得ないとき、どうしますか?

ご存知のとおり、一度永久歯を失ってしまったら、もう二度と歯は生えてきません。従来の治療ではブリッジや入れ歯が中心ですが、インプラントは従来の治療とは異なり、歯肉の下にある顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯を装着することで、今までの歯と同じような食生活を送ることができる画期的な治療法とされています。

 

 

 

 

従来の治療法(ブリッジ・入れ歯)とインプラントの違い

インプラント   ブリッジ
噛む力は天然歯の約80%回復することが出来るので固い物を噛むことが出来るようになる。 支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失う原因となる場合がある。 
隣の歯を削る必要がない。  たとえ健康な歯でも両隣の歯を削る必要がある。 
衛生管理が容易。定期的なメンテナンスと毎日のブラッシングで大丈夫。 ポンティック(ダミー)の下部の歯肉との間の部分に食べかすがつまり口の中が不衛生になりやすい。
良く噛めることは全身的な健康にも良い影響を与える。 噛むことに制限があり、じゅうぶんに咀嚼できない、噛み方に偏りがでる。
発音も自然にできる。 空気が漏れて発音が困難になることがある。  
インプラント   入れ歯
見た目が自然、天然歯に近い仕上がり。 装着した際に金属部分が目立つ。
隣の歯へ影響を与えない。 バネによる隣の歯への負担が大きい。
噛む力は天然歯の約80%回復することが出来るので固い物を噛むことが出来るようになる。 噛む力が健康な状態に比べて約30%ぐらいになる。 
顎の骨から直接支えるのでガタつくことがない。 すぐにガタつきやすい。 
自分の歯と同じように食事ができるので常に快適。 食べ物が挟まって口に中が不衛生になりやすい 

         
留意点
  
インプラントを維持させるには十分な口腔衛生の管理が必要 

インプラントの素材

インプラントの素材は、チタンで構成されており、とても頑丈でありながら生体親和性(人体に優しい)が高いことが特徴です。

この素材は既に医療分野では人工関節など多く用いられており、安全性も立証されております。

特徴としては、金属アレルギーの方でも拒絶反応などなく安心して、使用していただけることです。

治療の流れ

1 まず、治療計画をたてます

患者様のお口の中の検査だけでなく、レントゲン、模型、場合によってはCTなど様々な方法を使います。その際に患者様のご意見もうかがい、できるだけ最良の方法で治療計画をたてます。

2 インプラントの埋入

治療計画を基に歯が抜けた所へインプラントを埋入します。外科的処置をいたしますが局所麻酔を施しますので痛みは感じません。

3 保定期間

個人差はありますが、3ヶ月から6ヶ月程度かけてインプラントが顎の骨に固定するまで待ちます。その間は仮の歯を装着しますので日常生活にはそれほど支障はありません。

4 人工歯の装着

インプラントと顎の骨の固定が確認できれば、あとは人工歯(かぶせ物)を装着して完成です。

 

 

アフターケア

インプラントとは確かに頑丈な素材でできていますが、天然歯と同様に何もケアをしなければ必然的に寿命は短くなります。

永くご使用していただくためには、アフターケアとして正しいブラッシングで口腔衛生の管理を維持し、定期検診によるプロのケアが必要です。